やっぱり定番!大きめ帽子で紫外線対策は地味だけど効く!

MENU

大きめ帽子で紫外線対策は地味だけど効く!

紫外線対策2
オリジナルの紫外線対策としては、やっぱり「大きめ帽子」ですね。つまりはつばが広い帽子をかぶることが、なによりもの紫外線対策になると、実体験からも感じます。

 

なぜなら、やっぱりつばの広い帽子をかぶることで、実際に日焼けというかシミがずいぶんとでき辛くなるからです。帽子をかぶることで、目に入ってくるる紫外線をだいたい3割ぐらいはカットすることができると聞いたことがあります。

 

その話を聞いて以来、帽子を頭のサイズに余裕を持って、XLサイズに、そしてつばはたっぷりと広いものにして、そしてあごひもをキュッと締めることができるタイプのものに変えました。よくロックフェス会場でみるような帽子のタイプです。

 

このタイプは本当に強力な紫外線対策の帽子なのですよね。つば広、通気性抜群、そしてあごひも…と、機能性抜群ですから。ですから、ちょっとした外出時もかぶるようになり、そして結果シミが目に見えてグンと減りました。

 

おそらく日常紫外線で結構な日焼け&シミ生成をしていたけれど、それを防ぐことによって、グンとシミが減ったのですね。もちろん、紫外線が大幅にカットできていることによっての結果でしょう。