紫外線対策アンケート

MENU

意外と知られていない紫外線対策のコツ

紫外線対策をしている人はたくさんいると思いますが、やみくもにやっても意味がないと思います。ただ単にとにかく日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしても間違った方法では全く意味がなくなってしまう恐れもあるのです。

 

まず日焼け止めです。日焼け止めはしっかりその性質を知ることが大切です。日焼け止めに記載されているSPFとは日焼け止めの効果の力を示しています。決して時間を示しているわけではありませんので、どんなにSPF値が高いものでも長時間外にいる場合はこまめに塗りなおす必要があるのです。また残念ながら室内にいても日焼けはしてしまいます。朝起きたらまず日焼け止めを塗るように習慣づけましょう。

 

次に気を付けたいのが日傘です。日傘は紫外線を99%カットしてくれるものとそうでないものがあります。ただ単に傘をさしていても紫外線はカットできません。日傘を買う時はきちんと99%カットと表示してあるものを選ぶようにしましょう。また、意外と知られていませんが、日傘の寿命はかなり短いです。頻繁に使う場合1年で紫外線カットの効果がなくなっている場合もあるので、こまめに買い替える必要があります。
紫外線対策1

 

【化粧品の中でも重要なのは化粧水!】

化粧品の中でも一体どれが一番 重要ですか?という疑問を目にする事が多いのですが、やはり断然、美白化粧水にポイント置いてこだわるべきだと思っています。
紫外線ブロックには化粧水のバリア機能が必須です。ですのでUVカットを実現するためには、化粧水から毛穴へしっかりとアプローチする必要があるからです。

 

また体の内側からメラニン色素に強くなる為に
グリーンースムージーで対策もしています。

 

化粧品で外側から対策 内側からの美容はスムージーで良いと思います。
紫外線を浴びる基礎体力にも強くなりますし、紫外線による敏感肌や肌荒れにも酵素が効果を発揮します。

 

PR7サイト集 RANKERS

 

Windowsタブレット

 

EARTH

 

ページランク表示ツール

 

ハピネスリンク

2015/06/02 13:53:02 |
女性が色黒であると様々なデメリットがあります。具体的にどういうことかと言うと、女性らしい可愛らしい要素がなくなってしまい、変に強そうに見えてしまい、男性にとって守ってあげたくなるような魅力が半減してしまうのです。それだけではなく友達などと写真を撮る時にもためらいが生じてしまいます。自分の肌の色だけが黒くて周りの人に笑われてしまったらどうしようなどと考えてしまうのです。肌の色が他の人と比べると、黒いことが強いコンプレックスでした。しかしにも関わらずどうしてもうっかり日焼けをしてしまうことがありました。ついクリームなどを塗る時間がなくて、そのまま家を出てしまった時などです。そうするとただでさえ黒い...
2015/06/02 13:51:02 |
日中車を運転する事が多いので、年間通して紫外線対策はおこなっていますが、特に5月から秋にかけては一年の中で紫外線の数値が高いといわれているので、できる限り浴びないようグッズを使用して防いでいます。顔はもちろんのこと、首や鎖骨周辺、両腕、手の甲を中心にケアしていますが、日焼け止めクリームだけでは、カバーする事は難しいもの。汗をかけば取れてしまうので効果は半減。実際のところシミが発生しています。やっぱり衣類などでシミになりたくない部分を覆い隠すのがいちばん効果があるようです。頭皮や髪も忘れてはならない部位。車の中とはいえ、運転席はサンサンと日が降り注ぐので頭皮もそのままだと日焼けしてしまったり、枝...
2015/06/02 13:50:02 |
日焼け止めをたくさん塗っていても肌に直接紫外線があたっているとどうしても不安ですよね。日傘は邪魔になるし子供がいたり荷物が多い場合はなかなかさせません。そんなときは帽子を一つかぶっていると安心です。特に麦わら帽子なんて夏っぽくてファッションに合わせておしゃれすれば一石二鳥です。でも紫外線を防止するためにつばが広い帽子をかぶるとすぐに飛んでしまいますよね。だけどゴムや帽子止めは見た目があまりよくないのでつけたくない、そんなあなたにおすすめな方法が帽子の裏にコームをつける方法です。つけ方はとっても簡単。まず100均へ行って小さなコームを二つほど買ってきます。それを糸で帽子の裏に縫い付けるだけ。縫い...
2015/06/02 13:48:02 |
旅行パンフレットやガイドブックに載っている、美しい南の島の写真では、海水浴の場面では、見栄えを良くするためか、ビキニ姿の可愛い女の子の写真が多いですが、実際には、沖縄やグアムなど、南の島の日光の紫外線はとんでもないです!ビキニを着たいと思ったら、ものすごく紫外線ブロック効果の高い日焼け止めを全身に塗らなければ、あっという間に真っ赤になります。ほんの数十分間、ボートの上で背中を上にして寝転んでいたら、背中がヤケドしてしまったという人もいるほどです。ですから、南の島で海水浴する場合には、リゾート気分が半減してしまうかもしれないけれど、長袖のTシャツを着るのがいちばんオススメです。日焼け止めはウォー...
2015/06/02 13:46:02 |
一昔前までは紫外線が肌に悪いなどといったことは全く言われていませんでした。それどころか子供ならば少しでもたくさん太陽の光を浴びるべきであるというように教えられてきました。今考えると、本当に恐ろしいことです。私は紫外線対策のために、50の恵 朝の紫外線対策クリームというロート製薬が販売している商品を購入しました。この決断が私にとって大当たりでした。なぜかというとこの商品によって、紫外線によってもたらされる顔の肌の乾燥を防ぐことができたからです。肌が乾燥してしまうと、これでもかというぐらいにたくさんのデメリットが生じてしまいます。そんな肌の大敵である紫外線から見事に守ってくれる商品なのです。3種類...
2015/06/02 13:45:02 |
紫外線は肌を老化させてしまってシミやしわなどを引き起こしますから、日ごろからしっかりとケアしています。以前は何も考えずにSPF50程度の日焼け止めを塗っていたのですが、肌が乾燥したり肌荒れを起こすようになったのです。それで、肌に優しいノンケミカルタイプの日焼け止めを探して使っています。いくつがお試ししてみたところ、一番気に入っていてリピしているのがママバターのUVケアクリームです。石鹸で落とせるタイプで紫外線吸収剤も不使用だし、SPF25の普段使いに適した日焼け止めです。使い心地は決して良いとは言えませんが、成分的に安心感があり、肌荒れや乾燥したりしません。昔ながらの日焼け止めという感じで、や...
2015/06/02 13:37:02 |
真夏だけではなく、紫外線は一年中降り注いでします。ですので、対策は通年行わなければなりません。紫外線対策にはUVカット加工が施された衣服を着ることや、日傘や帽子などを用いることも効果的ですが、肌が露出している部分にはやはり日焼け止めは必須でしょう。しかし通年使い続けるとなると、肌への負担も考えて安心して使える素材のものを使い続けたいです。そこで、オーガニック素材のみで一切の化学薬品を使用していない、バジャーのサンスクリーンモイスチャライザーを選んで使っています。アナグマが可愛いアメリカ製の日焼け止めですが、たっぷり入っていてコスパもよく、選べる香りも様々な種類があります。全身に使えて、化粧下地...
2015/06/02 13:36:02 |
オリジナルの紫外線対策としては、やっぱり「大きめ帽子」ですね。つまりはつばが広い帽子をかぶることが、なによりもの紫外線対策になると、実体験からも感じます。なぜなら、やっぱりつばの広い帽子をかぶることで、実際に日焼けというかシミがずいぶんとでき辛くなるからです。帽子をかぶることで、目に入ってくるる紫外線をだいたい3割ぐらいはカットすることができると聞いたことがあります。その話を聞いて以来、帽子を頭のサイズに余裕を持って、XLサイズに、そしてつばはたっぷりと広いものにして、そしてあごひもをキュッと締めることができるタイプのものに変えました。よくロックフェス会場でみるような帽子のタイプです。このタイ...